このページの目次を開く

このページの目次

  1. 実際の体験談をご紹介
  2. 人気の銀行系カードローンをランキング
  3. よくある質問

実際の体験談をご紹介

どうしても旅行に行きたくて(女性/30代)

女性/30代

私が若い頃の話なのですが、三ヶ月ほど無職になったことがあります。

働き口を探すも中々見つからず、友人に食事をまかなってもらったり、日雇いで稼ぎながら毎日を凌いでいました。
親元を離れて一人暮らしだったので家賃もいれて月10万はかかりました。

次第に浪費を繰り返して感覚が麻痺すると、生活が苦しくなってきました。ようやく就職は決まったものの、
給料も前と比べて手取りは少なく、カツカツの生活でした。

とても贅沢な暮らしをする余裕はありません。そんな時に友人から旅行に誘われました。

旅行先はどうしても行ってみたかった所です。しかし、働き出したばかりで借金もあります。
そんなことを考えている暇ではありませんでした。そこで、荒業ともいえるべき行動をとったのです。

インターネットで色々な情報をかき集めて、自分でも借りられそうで、
無理のない返済プランを立てられるキャッシング会社を探しました。

希望にかなった業者が見つかって、お金を借りられました。
借金しながら旅行なんてって思ったけれど、この時の旅行の体験は今でも覚えています。

余裕を持ったプランで返済していったので、遅延することなく無事に完済することができました。

人それぞれですが、私は借金してまであの時旅行に行ってよかったと思います。
返済プランをしっかりすると、ちゃんと支払っていけます。

人気の銀行系カードローンのランキングはこちら

返済を優先させて完済しました!(女性/20代)

女性/20代

持病の摂食障害で一週間に5キロ以上痩せると、働くことが厳しくなりました。

そこは正社員雇用が決まっていて、研修をかねたアルバイトで働いていました。

しかし、その会社に就職するために引っ越してきたのですが、
卒業目前にして内定を辞退したので貯金も残っていませんでした。

療養のために土地を変えようと引っ越ししたくとも、引っ越し資金はありません。

訳あって親に頼ることもできなかったので、テレビで見たカードローンを申し込むことに決めたのです。
丁寧な対応ですぐに借りることができました。

引っ越しが終わり、環境が変わったことでまた働き始めると、月々の返済を自動引落にしていました。

しかし、入金し忘れたこともあって、催促の電話がかかってきました。
脅されるといったこともなく丁寧に教えてもらったので、急いで返そうと決意したのです。

働いて一括で返せそうになったため、細かな入金額を聞いて最優先して完済しました。

その会社は金利が高かったので、ダラダラ返済を伸ばしてもよくないと思いました。
借金することはよくないと言いますが、できるだけ早く返していくように努めない人が多いのではと私は思います。

計画的にちゃんと支払えれば有効的だと思うので、返済を優先したことで今では好きなことができています。

価値観の違いで(女性/20代)

女性/20代

カードローンを利用したきっかけは、同棲相手の彼がお金にルーズで生活費に困り果てたためです。

二人の約束で、生活費は折半して払おうと決めていました。
しかし、彼は甘い考えでお金を入れずに好き勝手していました。

月末になると、ほぼ毎月のように「お金無いわ」と言い訳します。

そうなると、私が建て替えなければいけません。
しかし、その月は思った以上に祝い事やトラブルで出費がかさんだので、私も建て替えられませんでした。

それでも家賃を払わないといけないため、カードローンでお金を借りることにしたのです。

上司は事情を理解してくれいたので、職場の確認もスムーズにいけました。
返済は2ヶ月でいけたのですが、大変だったのは彼のお金の管理を私がしなければいけないことでした。

お小遣い制のようにしても、ネットで勝手に物を買うので宅配業者に頭を下げて返品することもありました。

私が徹底的に管理することで、彼の無駄遣いを抑えることができています。
しかし、この悩みから解放されません。

いつ何時、家賃が払えなくなるかもしれないので、作ったカードはこっそり所持しています。

なるべく借りないように努力はしていますが、万が一の時にすぐに借りれると思うと少しだけ安心ができます。

人気の銀行系カードローンをランキング

数ある銀行系カードローンの中でも、口コミ評価の高い会社のみを厳選してランキング比較しました。

なお、いずれも総量規制対象外なので、収入がない専業主婦でも借入可能です。

  1. 三菱東京UFJ銀行

    低金利で最短30分審査、口座開設不要でATM手数料無料、毎月の最低返済額は2000円から

  2. オリックス銀行

    限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

よくある質問

カードローンの金利って高いですよね?

支払い利息の高さと安さは、その時の借り入れ状況や使い方によって違ってきます。

例えば、金利15%で一週間5万円を借りた時は、利息は140円ほどになります。
しかし、50万を4ヶ月借り入れた場合であると、利息は2万5千円ほどになります。

どうしても後者は高い気がしてきますね。

まとまった金額を長期間借り入れしている場合であれば、それなりの利息を払っていると感じます。
一番よい利用方法としては、少額の借り入れで返済の目処がたっていると、利息はそこまで払わなくて済むということです。

金利がどれほどのものか、各会社ごとに比較してみるとよいでしょう。

カードローンとキャッシングって違うのですか?

お金を借りることに違いはありませんが、その返済方法が違ってきます。

クレジットカードにショッピング枠と併用に、キャッシング枠も取り付けられています。
手軽さから持っている人も多いことでしょう。

キャッシングは借りると原則一括返済になりますが、カードローンは分割になります。

クレジットカードでキャッシングした場合、返済は一括原則なのですが、
無理であればリボ払いとして口座に請求がなされます。

キャッシングはATMですぐに引き出せるため、自分の口座から引き出しているといった感覚に陥りやすいです。

また、キャッシングの金利は一般的に18%と固定されて高めです。
それに比べて、カードローンはキャッシングより低めに設定してある会社がほとんどになります。

ですので、自由度の効くカードローンであると、支払い方法も個人のライフスタイルに合わせて設定できるので、
自分に合わせた返済計画を立てることが容易になります。

返済が延滞するとどうなりますか?

催促の連絡が直接家にかかってきたり、封書で送られたりします。

ドラマでヤクザまがいの取り立て屋が何度もドアをノックしたり脅したりといったことがありますが、
現在の貸金業務法ではこのような厳しい取立を厳禁とし、取り立てについても制限が成されています。

違法な取り立ては、即刻告訴の対象になります。

なので、現在ではこのような行為は行われず、円満なコミュニケーションの元に延滞した借金の支払いを促しています。
ですが、貸金業者も商売になるため、返済期日の遅れは業務上の迷惑行為になります。

借り入れをするなら、延滞がないように返済していくことが大事なのです。

申し込む前に返済計画をしっかりと立てましょう。

カードローンの申し込み審査って、何を審査されるのですか?

申込者に返済能力があるかの信用度を審査されます。

会社によって違いますが、一般的に年齢や年収、申込者の勤務先の在籍確認、
他社からの借り入れ状況などをチェック
されます。

ネットでも気軽に受けることができるので、そういった簡易的なものですと、
借り入れ可能かの審査がスピーディーに行われ、最短でその日の内に借りられることができます。

家族に内緒でお金を借りていますが、バレることはありますか?

返済に延滞がなければ、他者に借り入れが知られる心配は低くなります。

カードローンや借り入れが知られてしまう恐れとして、勤務先への在籍確認の電話や利用明細の郵送があげられます。
在籍確認の電話について、ほとんどの会社の場合であれば、個人名のみを名乗ります。

また、利用明細の郵送を止められる会社もあります。

明細確認を書面でしなくとも、インターネットのサイトからログインして明細確認をすることができます。

ただし返済忘れや、長期に渡って返済が滞ってしまったりすると、
職場や自宅に電話がかかってきますので、くれぐれも延滞だけはしないようにしましょう。

返済が一度でも遅れると、カードローンは利用することはできないですか?

いいえ、その心配はありません。約定日の返済に遅れることを、カードローンでは返済延滞といいます。

あらかじめ、その期日は会社によって決まっています。当然ながら返済延滞することは絶対にしてはいけません。
しかし、引き落とし口座へ入金し忘れていた。といったような場合であれば、悲観することはありません。

数日の延滞であれば借り入れに影響はなかったり、延滞分を返済することでまた利用できるようになります。

ただ、こういった延滞が積もっていき、長期に渡って延滞すると、
カードローンの利用が停止される場合が高くなります。

延滞すると通常よりも高い金利での遅延損害金がかかるため、返済延滞には注意が必要になってきます。

会社によって延滞の対応が異なるため、気づいた時点ですぐに返済するか、
カードローン会社に設けられたコールセンターに相談することで解決策を提示してもらえます。

カードローンの限度額を上げたいのですが、どうすればいいですか?

カードローンの借入限度額は、審査の際にカードローン会社が決定を下します。

勤務先、年収、雇用形態、過去の借り入れ状況によって、ここまでの枠と判断がされます。
なので、必ずしも申込者が希望する限度額になるということはありません。

利用年数によって借入限度額は上がっていきます。一定期間の返済実績を作ることで信用度が上がります。

消費者金融であれば、総量規定法によって、年収の3分の1を超える借り入れが禁止されているので、
どうしても限度額をあげたいのであれば、年収を増やすということも一つの手になります。

以前利用したカードローンを再び使いたいのですが、限度額は同じになりますか?

利用空白期間や、会社によって違ってきます。

利用の空白期間がどれくらいの間なのか、また、カードを解約しているかによって対応が違ってきます。
完済してすぐに利用するのであれば、借入条件はほぼ変わりません。

カードローン会社は定期的に申込者の審査を行っています。

申込者の勤務先や住居など変わっていなければ、限度額は同じであります。
ただ、利用期間中に延滞があれば、限度額が下げられてしまう処置はあるかもしれません。

かなり時間が経っている、一定期間利用していなかったがカードは手元にあるなど、
場合によって対応が違ってきますので、一度カードローン会社に問い合わせてみることがおすすめになります。

すぐに借り入れしたいのですが、最短で融資されるカードローンはどこですか?

自動契約機を利用することで、審査、カード発行、借り入れを一気にできます。

どうしても当日中に融資が欲しい場合、カードローンの申込みをスピーディーに行える無人契約機を利用しましょう。
契約機は消費者金融、銀行、大手のカードローン会社で用意がされています。

自分に合った商品を探して利用しましょう。

銀行などは審査に時間がかかるので、あまり融資の早さを求める方にはおすすめできません。

カードを作ったけれど、借り入れをしなくても大丈夫ですか?

大丈夫です。カードを作ったから、すぐに借り入れなければならないことはありません。

カードローンは一度カードを作っておくと、必要になった場合にコンビニやATMですぐに融資を受けることができて便利です。

ただ、カードローンを申し込むには審査が必要ですし、信用情報機関には利用していなくても、
OO社のカードローンを申し込んだとの情報が登録されてしまいます。

そのため、クレジットや他のカードの限度額が縮小される場合があります。

他のローンの申し込みができなくなってしまう可能性もあります。その点を知っておきましょう。

カードローンの融資を何に使ったか調査されることはありますか?

基本的にカードローン会社は融資の用途を調査することはありません。

自動車ローンや住宅ローン、OOローンは限定されているため、その使いみちがはっきりしていますが、
カードローンは申込者が自由に使いみちを決められるメリットがあります。

審査の段階やプラン相談時に、詳しくとまではいきませんが、使用用途を聞かれる場合が多くあります。

ある程度はきちんと答えることで、不信感を与えることがなくなるのでちゃんと答えましょう。
しかし、支払いが難しくなったり多重債務が判明した場合であると、その場合はカードローン会社から詳しく調査が行われます。

借りたお金をいくら、どこで使ったのか、詳細に説明できなければいけません。

事業を始める資金にカードローンは利用できますか?

いいえ、できません。カードローンの使いみちは自由とされていますが、唯一の例外が事業資金になります。

カードローンの注意書きに、“事業性資金を除く”とたいてい書かれています。事業性資金は、法律で扱いが異なるためです。
事業資金としてお金が必要であれば、専用のローンを利用することにしましょう。

カードローン会社は融資の用途を詳しく調査することはありませんが、
発覚するとトラブルに発展する恐れがあります。ルールはしっかり守ってください。

女性向けのカードローンはあるのですか?

はい。あります。カードローン会社には、学生向けや事業者向けなど、その人の属性に合わせた商品が用意されています。

女性専用のカードローンもそのうちの一つです。

女性に優しい工夫と配慮がなされているため、金利面がわずかに低めに設定されていたり、
各種特典を用意しているなど、会社によって様々にあります。

もっとも大きな特徴として、電話やインターネットで受付・審査を行えることです。

対応するオペレーターも女性に限られているため、優しい配慮がなされています。

カードローンの利息を下げてもらうことはできますか?

返済実績があれば下げてもらえる可能性はありますが、借入初回や借入直後であると難しいです。

カードローンの利息、利率は定期的な見直しがありますので、交渉して下げてもらうことが可能になります。
一般的に一年以上利用していれば、再審査の対象になります。

借入当初よりも収入が上がったり、他の借入を完済したなど条件を満たしていると、金利引き下げの見直しがされる場合があります。

勤務在籍の確認電話を省いて手続きを済ますことはできますか?

それはできません。基本的に勤務先へ、在籍確認は必ずされます

ただし、カードローン会社は電話口で「カードローン会社です」や
「カードローンの審査のための確認です」と言うことはまずありません。

銀行と提携している会社であれば、銀行名でかけてきます。

また、クレジットカードの申込みでもこの在籍確認は行われるため、
自分から打ち明けなければカードローンだと知られることはありません。

あらかじめクレジットを申し込んだということにしておけば、何の問題もなく電話の取次を行ってもらえるでしょう。

年金暮らしでもカードローンは利用できますか?

年金であっても定期的な収入があるとみなされると、利用が可能になります。

ただ、会社によっては定職に就いていないとだめだと言われるところもあります。
年金暮らしの方は、高齢者が多いため“年齢”のところで返済リスクが高いとされます。

カードローン会社では申込みの年齢上限を設けていて、そのほとんどが69歳以下となっています。

したがって、70歳以上の高齢であると借入ができなくなります。

高齢者であると、新たな仕事に就いたり、仕事を増やしたりといったことが
中々できなくなるため、カード会社も慎重を期すことがあります。

もし申し込むのであれば、年金収入のみで完済できる返済計画をしっかり立てることが大事になります。

このページの先頭へ