カフェの経営がピンチの時に助かりました。(女性/30代)

女性/30代

私はカフェを経営している30代の女性なのですが、
不況のあおりでカフェの経営が立ち行かなくなって悩んでいました。

お客さんが1日にわずかしか来なくなり、雪だるまのように赤字が膨らんでいったのです。

次第にお金が回らなくなり、カフェの経営を黒字に戻すために、
銀行のカードローンでお金を借りることを決心しました。

銀行のカードローンを利用した決め手は、お金を借りる側としてすごく安心感があったからです。

また、銀行の場合は上限金利が15%ほどと毎月の利子が低いため、
支払額が安くつくことも魅力的に感じました。

早速、地元の銀行にカードローンの手続きで伺うことにしたのです。

カードローンは誰もが利用できるというわけではなく、お金を貸すに値するのか審査を受けることになりました。

私の場合、カフェの経営を存続するために必要なお金が少額だったこと、
クレジットカードをこれまで滞納した経験がなかったためにすぐに審査に通りました。

そのため、順調にカードローンの手続きを進めることができました。

カードローンを利用して感動したのは、発行してもらった専用カードで、いつどこでもお金の借入れができることです。

しかも、銀行やコンビニのATMの手数料が無料なのも嬉しいです。
預金口座と同じような感覚ですぐにお金を借りられるのは、すごく便利だと感じました。

おかげで、借りたお金でカフェの経営を存続することができ、現在は順調にお客さんも増えています。

毎月の返済も順調に行えているので、お金が必要になった場合にオススメのサービスと言えます。

人気の銀行系カードローンはこちら